初心者でもわかるビデオオンデマンド

ビデオオンデマンドというのは主にインターネット回線により契約者が好きなときに好きな番組が見れるサービスのことです。
ビデオオンデマンドはVODと略されておりそれ自体がサービスの名前ではなく、「DMM.com」や「Hulu」、「U-NEXT」といったインターネット映像配信のサービスの総称のことを示しています。
配信される番組の多くは放送済みの番組や映画、各コンテンツに沿ったオリジナルの番組を配信していましす。
コンテンツの多くは有料であり、支払いは一番組ごと、月額契約や年間契約、PPVなど様々です。
利点としては好きなときに好きな番組を見ることができ、生放送以外は早送りや巻き戻しなどビデオやDVDと同じように再生・停止ができます。
インターネット回線を利用して見るので、パソコンやタブレット、Wi-Fiを利用できるゲーム機、各VODのアプリを内蔵している自宅テレビなどで視聴することができます。
そして、会員登録制なので、自分のIDとパスワードがあればどこでも映像を見ることができるという利点があります。
映像としてはネット配信であることや多数の人が見ることがあるため多少の画質の悪さがありますが、普通に見るには問題はありません。
ビデオオンデマンドが徐々に普及し始めたのは2015年ぐらいからであり、元々はホテルや旅館などといった施設がVODの主流でしたが、インターネットの普及により一般にも多く広まっていきました。
先にビデオオンデマンドのネットサイトを挙げましたが、最近ではドコモやauといった大手通信会社やゲオやTSUTAYAなどの企業もビデオオンデマンドの参入が見られており、その企業に合ったものが配信されています。
また最近では色々なキー局(NHKやTBSなど)や地方局がこれらを利用し再放送や独自放送を展開しています。
見逃してしまった番組やまた見たい番組、自分の趣味の番組などがいつでも見れるので、上手く利用できれば心強いコンテンツです。

関連する記事